メインイメージ

ネットを活用

ネットを活用して法人設立をする


ネット環境があれば法人設立にかかる費用を抑えることができます。ただし、ほかにも必要なものがありますから、これらをそろえなければなりません。必要なものとしては住民基本台帳カードと、それを読むことできるカードリーダが必要です。これだけであれば数千円くらいは必要となります。

そして、それ以外にはいくつかのソフトウェアが必要となります。PDFファイルを作成することのできるソフトウェアは必要となりますから、これには少しお金がかかると考えておきましょう。ただ、ビジネスシーンでは必要とされる事も多いですから、すでに持っている人もたくさんいます。持っているのならそれを活用するのも良いですが、ないのなら別の方法を考えましょう。

法人設立をするためには、まず定款を作成しなければなりません。定款はパソコン上で作成し、そしてPDF化します。ネット上でこれを認証することもできるのですが、そのためにはいくつかの機器が必要となってきますが、これらをそろえるためにはかなりの費用がかかると言えるでしょう。ですから、法人設立を何度もする人なら購入する価値はありますが、一度きりなら購入することでトータルの費用が割高になります。

ネットを使って法人設立をすることによって安くできる金額は4万5千円です。定款に貼る収入印紙が4万円分と、登記申請をするための登録免許税が5千円安くなります。ですから、機器を購入するのに4万5千円以上かかってしまうと、逆に割高になってしまいますから、するべきではないと言えるでしょう。

ですから、どこまでを自分でするのかが問題となってきます。どうすれば一番安くできるのかというと、やはり専門業者に依頼するのが良いでしょう。行政書士などがサービスを提供していて、事務所自身でネットでの申請に必要な機器をそろえています。ですから、この余蘊事務所に依頼をして、その報酬が4万5千円よりも安ければ利用する価値はあると考えられるのです。

実際にはどれくらいの報酬になっているのかというと、最低限のサービスであれば1万円未満の場合もあります。自分で全ての機器を準備して法人設立をする場合に比べれば安くなることが多いですし、全て紙の書類を作成して法人設立をするよりも安くなることが多いでしょう。ですから、安く法人設立をしようと思うのなら、PDF書類を作成する手続きと、登記申請の手続きとを外部に依頼するのがもっとも良いと考えられます。

Copyright© 2014法人設立に必要な条件を知って、歳や状況に応じた会社設立を All Rights Reserved.