メインイメージ

タイミングについて

法人設立の理由とタイミングについて


たとえば、自分が一人で何かの商売を始めた場合、それが軌道に乗って順調に進んでゆき、やがて仕事の規模が大きくなってゆくことがあります。そして頃合いを見計らって有限会社や株式会社を作って、本格的なビジネス展開をするということは、法人設立にはよくあるパターンです。

しかし、会社設立には理由が必要になります。なぜなら、特に理由もないまま何となく会社を作ってしまうと、せっかく上手くいっていた商売が駄目になってしまうことも少なくないからです。ですから、自分は何のために会社を作るのかを明確にしておき、その理由に基づいて会社を作らなければなりません。

また、株式会社などの法人設立には、タイミングも非常に重要になります。その時期を誤ってしまうと、ビジネスにはマイナスになってしまいます。
具体的にどんなタイミングが良いのかというと、そのビジネスが軌道に乗って利益が出てきた時期です。ただし、その利益というものは、会社を設立することによって確実に節税になるレベルの金額でなければなりません。

一般的には1000万円以上の利益であることが一つの目安にはなっていますが、それは業種や経営状況によって変わってきますので、節税の必要が出始める金額がポイントとなります。

仕事仲間などと共同で出資してビジネスを展開する場合は、株式会社ならばお互いの出資金額も比率も明確になり、ビジネスが失敗してしまうリスクを低くすることも可能です。それゆえ、共同出資もポイントです。

ところで法人設立の場合、必要に迫られて株式会社などを作らなければならなくなることもあります。その理由は、大きく、二つあります。一つ目は、営業許可を得るためには法人であることが条件となっている場合です。営業許可の要件に法人であることが求められることは、決して珍しいことではありません。このような場合は、必ず会社を作ることになります。

二つ目は、取引先との関係上、法人設立しなければならない場合です。法人であることが取引条件となっているケースは非常に多く、企業によっては代金を振り込んでもらえなくなってしまうこともあります。

ちなみに会社を作るにあたっては、基本事項が必要となります。基本事項というのは、会社の名称や事業目的、会社の住所、役員や株主、事業年度など、会社を作るためには事前に決めておかなければならない事柄のことです。まずはこの基本事項を決定して、それから会社を設立するのです。

Copyright© 2014法人設立に必要な条件を知って、歳や状況に応じた会社設立を All Rights Reserved.