メインイメージ

法人設立の手続き

法人設立の手続きの最安の料金


法人設立は、全ての手続きを自分で行うことは可能です。法人設立とは何を指すのかというと、法務局で登記申請を完了させることを指すと考えるのが妥当です。そのためにしなければならないことは書類を作成することと税金を納めることです。ですから、資金があって、そして書類を作成できれば、恐らく誰にでもできるものだと言えるでしょう。書類の作成に関しても、インターネット上の色々な情報を参考にすれば何とかなります。テンプレートが公開されていますから、これを少し変えるだけで書類の作成は可能です。

それでも業者を利用したいと考える人は大勢います。業者を利用すれば料金を支払わなければならないのですから、その分だけ割高になるとか投げるのは自然な事でしょう。しかしながら、実は利用した方が安くなる場合が多いのです。普通の人が少人数の会社を設立するときには、業者に料金を支払って設立した方が安くなる場合がほとんどだと考えておきましょう。

このように言うと奇異に感じる人もいるでしょう。ですから、簡単に解説したいと思います。ここでは株式会社として法人設立をする場合を考えることにします。株式会社の場合には、定款の認証の手続きや登記申請の手続きが必要となりますが、電子定款を作成し、電子認証を受ければ合計で4万得5千円分安くなります。もしもこれができる環境を自分で持っているのなら、この方法を用いるのが良いでしょう。

しかし、電子定款の作成と電子認証の手続きをするためにはいくつかの機器が必要となります。それを買えば、逆に高くなってしまうと言う点に注意しておかなければなりません。業者を利用してこれらの手続きを行い、その料金が4万5千円より安いのなら利用したほうが良いのです。

では、法人設立のこのような手続きにはどれくらいの料金がかかるのでしょうか。料金設定は業者によって異なりますから一概には言えませんが、1万円前後でサービスを提供している業者もあります。最安はどれくらいなのかというと、5千円くらいの業者もあります。それを考えれば、自分で機器を購入して法人設立の手続きを行うよりも、業者を利用してやった方がはるかに安いことが分かるでしょう。

業者を利用する場合には、どこまでのサービスを依頼するのかを考えなければなりません。最安で5千円くらいの業者もありますが、この料金では定款の作成と電子認証の手続きだけの場合が多いですから、ほかは全て自分でしなければなりません。ほかの部分も任せるのであれば、それなりに料金はかかってきます。

Copyright© 2014法人設立に必要な条件を知って、歳や状況に応じた会社設立を All Rights Reserved.